So-net無料ブログ作成
1日1回、どれかひとつ↓ポッチリ・クリックお願いいたします!
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ ありがとうございました!
interior -インテリア- ブログトップ
前の10件 | 次の10件

Villa Novaの麻&刺繍カーテン +Baumann symphonia [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、今日で5回目ですね。

 第3回でもご覧いただきました、イギリスのブランド「Villa Nova」。

 先日もお伝えしましたとおり、CBSOWMは京都・滋賀地区で唯一の販売店
でありまして、ほかではお目にかかれないだけに、こんなの見た事無いです
とおっしゃっていただくケースが多いのです。

 メーカーさんの見本帳はさんざん見尽くして、もー疲れたわという方にも、
ぜひオススメです(笑)。

 さて、今回ご採用いただきましたのは、フレンチカントリーのような、
素朴で味わいのあるおうちご新築をされましたYさま。

 スイッチや取っ手の一つ一つまでこだわりぬいた、それはもうたいへん
素敵なお住まいです。

s-P1140127.jpg

 そのリビングにご採用いただきましたのがこちら、Villa Novaの
コレクションから「Flori」です。

 天然の麻100%の素材感、光沢のある糸を使った刺繍、なんとやさしく
美しいテキスタイルでしょう!

s_P1140135.jpg

 陽にかざしたときの透けた感じも麻ならではの風合いが、規則正しい
化学繊維の織物とはまったく異なります。

s_P1140139.jpg

 アップでご覧ください。Villa Novaの刺繍は、リーズナブルでありつつ
美しい仕上がりです。

 レースカーテンは、クリエイションバウマンの超定番シアーファブリック
「SINFONIA(シンフォニア)」。
 このレース、とにかくやわらかくて軽い。一度触ると、なかなか他に
は行けません。
 写真では真っ白のありふれたレースに見えるかもしれませんが、いや、
レース好きの方なら、このキメの細かさ、柔らかさはきっと伝わると
思います。

 白、無地、だからこそ、こだわりたい。。その気持ち、わかります(^^

 イギリスのヴィラノーヴァと、スイスのバウマン。

 ナチュラルエレガンスというテイストで統一された、やさしく、
そして美しいコーディネートの完成です。

s_P1140145.jpg

ライティングにより、グッと落ち着いた癒しの空間も作り出せます。
同じ昼間でもイメージが変わりますね。

 CB SOWMでは、メーカーやブランド、国の枠組みを超えて、自由に
楽しく、カーテン選びをしていただくことを心がけています。

 Yさまのカーテンコーディネート実例のご紹介は、もう少し続きます!
では、また次回に。

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

オズボーン&リトルのモダンなフラワーデザイン [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、ようやく4回目です。

 今回もイギリスから、osborne & Littleのファブリック!

 ブリティッシュモダンデザインの大御所として、ヨーロッパでは
賞を取ったりもしている人気のブランドが「オズボーン&リトル」です。

 京都市内にご新築されましたSさまのリビング・ダイニング。

s_P1140241.jpg

 いろんなパターンがあるのですが、中でもフラワーデザインの
洗練度は際立っています。

 傘下のニナ・キャンベルやロルカのコレクションも加えると、
驚くほどのバリエーションということになりますね。

s_P1140257.jpg

 カーテンレールはこれも人気の高いレガートスクエア。

s_P1140247.jpg

 カーテンボックスふうのレールはすっきりと格調高く、また
端部はリターン仕様で光漏れを防ぎます。

 実はこの生地も前回ご紹介のvilla novaと同じく、素材はリネン
&コットンで、今回は透過性を抑えることと、耐久性を考慮して
遮光ではない裏地を付けさせて頂きました。

 遮光ではない裏地?とおもわれる方もいらっしゃるかもしれませんが
これも海外では意外と当たり前に使われています。

s_P1130116.jpg

 デザイン名は「dunloe」。アイルランドにある渓谷の名前に
ありますが、それが由来かどうかは未確認^^;

 なんとなく、しっかりとした茎や細身の葉っぱが渓谷に咲く
花を感じさせますが、これ以上素人があやふやな推測で花を
語るのは危険ですm(__)m

 素人ながらに注目したいのは、やはり配色です。葉っぱの
グリーンが、濃いグリーン、黄緑、そして、ターコイズブルー。

 お花も赤と紫に加え、このアクアっぽい色がすごく特徴的!

 こういう「なにげにすごい」組み合わせが、ただクラシック
な「お花柄」とは違う、ブリティッシュモダンの香りを感じさせて
くれるのでしょう。

s_P1130120.jpg

 ダイニングテーブルの配置も考慮して、腰窓はナチュラル
カラーのロールスクリーン、プラス枠内にレースカーテン。

s_P1130122.jpg

 さらにキッチンの小窓にはリビング・ダイニングと同じ
レース生地を使ってカフェカーテンを。

s_P1130130.jpg

 裾にレーストリムをつけてマクラメふうにアレンジ。

s_P1130125.jpg

 このひと工夫が、お部屋全体のときめきにつながりますね! 

 毎日の暮らしに、こんな素敵なファブリックがあるなんて、
楽しくて仕方ないことだと思います。 

 ファブリックのデザイン、スタイリングでのデザイン、楽しみ方は
本当に様々ですね。
 CBSOWMでは、いろんな楽しみ方をご提案させて頂いてます。

 Sさま、この度はご採用いただきまして誠にありがとうござい
ました! 

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

Villa Novaの花束。と、ウィンドウフィルム。 [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 また時間をおいてしまっての・・第3回めです(^^ゞ

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、というのを続けて
おりますが、最初の数回はプリントデザインに的をしぼってお届け
していきたいなと思っております。

 京都市内の新築マンションにお住まいのHさま。外には嵐山を
初めとした西の山々をのぞむ絶好のロケーションが素晴らしい
です。

 が、、遮るものがないだけに、西陽が直接入り込むちょっと
厳しい環境です・・。

 さて、お選び頂きましたのは当店が京都地区で独占販売をして
います「Villa Nova」。

P11105572.jpg

 取り扱いが始まって2年目に突入しておりますが、その人気は
じわじわと浸透してきているのではないか?と思うほどに、ご採用が
増えてきております。

P11105612.jpg

 今回、Hさまにご採用いただきましたのは「Pipin」。

 真っ赤な花束の並んだ、フェミニンで愛らしいデザインのプリント
ファブリックです。

 リネンとコットンの混紡で出来たベースに、赤や朱色のお花柄、
これがグラフィックなラインで花束のように縦に綴られています。

 天然素材を使った生地は直射日光を嫌いますが、もちろんこれ
だけで暑さを防げるものではありません。

 そこで、当店オススメ度NO1のウィンドウフィルム、Solargardを
施工させて頂きました。

P11105522.jpg

 アメリカ生まれのスーパークオリティのフィルム「Solargard」。

 ボクの知っている限りでは紫外線100%カット(国産は99.99など
100未満が多い)に、10年保証がついて、遮熱性と透明度を兼ね備
えたフィルム、なんていうものは国内にはありません。

P11105512.jpg

 左半分を貼り終えています(中央外側に網戸があります。)
右と比べても、暗くなった印象はほとんどありません。

 室内や人体を守るだけでなく、大切なカーテンをも守ってくれる
ウィンドウフィルム。これからまた暑い季節がやってきます。
 みなさまも是非ご検討下さい。

P11105662.jpg

 Hさま、その後快適にお過ごしいただいてますでしょうか。
この度はご採用いただきまして誠にありがとうございました。


 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

B&WなROCKはso cool!! -boras cotton- [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 世界のファブリックをご紹介するシリーズ、第2回めの今日は、
スウェーデンの、あの、デザインです!

 京都府宇治市のNさまは、とーってもオシャレさんなご夫婦で、
たくさんの本とレコードとギターに囲まれた素敵なお住まいを
ご新築されました。

 半年以上、自分たちに合うカーテンを探されていて、当店へ
お越しいただき、ようやく(?)理想のカーテンとの出会いを
果たされましたのです。

s_P1110362.jpg

 CB SOWMのブログでも何度もご紹介しておりますスウェーデンの
テキスタイルメーカー、ボラス社の定番デザイン「ROCK」。
 このブラック&ホワイトのパターンは他の配色にくらべても
クールモダンな印象で、とにかくカッコイイのひとことです。

s_P1110364.jpg

 グリーンのベルベット地が印象的なカウチソファー、当初は
これに合わせたグリーン系のカーテンをを探されていましたが、
このグリーンを活かすための配色、というふうに方向性を変え
そしてこのモノトーンをご採用頂きました。

s_P1110372.jpg

 カーテンレールもブラックのアイアンレール。シンプルにする
ためキャップはプレーンなものに抑えています。

s_P1110369.jpg

 この写真でお分かりいただけますでしょうか?
モノトーンなのに、どこか柔らかくて、ギスギスしていないのは
アクセントの細い波線がゴールドというかベージュのような色
なのです。

 こういうさりげない色の組み合わせが、海外のテキスタイル
デザインの奥の深さ、ということなのかもしれませんね。

s_P1110380.jpg

 Nさまの寝室では、陽の差す面にはアルミブラインド、そして
隣のテラス窓にはロールスクリーンと、種類も色も異なる
アイテムでコーディネート。
 インパクトのあるベッドメイキングも手伝って、違う製品での
組み合わせなのに、こうも美しく収まることにビックリさせら
れました。

 Nさま、このたびは素敵なお住まいのインテリアづくりを
お手伝いさせていただきましてほんとにありがとうございました。
 ロックンロールなご主人(だからROCKなのかな??)と
キュートなおくさま、またいつでも遊びに来てくださいね!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

デザイナーズギルドのカステラ [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 またまた施工例のご紹介が滞り気味ですので、今回からしばらくは
たくさんのお客様にCBSOWMで取り扱う世界中のファブリックをご採用
いただいたお写真を、毎日1点ずつご紹介させていただこうと思います。

 ガンバリマス

 今日ご紹介いたしますのは、もう何年も前からお付き合いいただいて
おります、わりとご近所におすまいののYさま。

 今回は2Fにあります縁側のL字窓にあったロールスクリーンを撤去
してカーテンに交換。

 そのファブリックにデザイナーズギルドをお選びいただきました。

F1733_02.jpg

 「Barcelona コレクション」より、スペインのカタルーニャ地方に
ある「CASTELLAR」という地名のデザインです。

 3時のおやつは・・のカステラの語源となったのが、このCASTELLAR
だそうです。

s-P1130079.jpg

 カステラの地にある有名なお城がモチーフになっているみたいですね。
お菓子のカステラをデザインしているわけではありません(笑)

s-P1130083.jpg

 この青みの強い青。海のような空のような、ほんとに素敵な色合い
ですね。

 無地のロールスクリーンから、こんなデザインを持ってくるだけで
空間が見違えたように生き生きとし始めています。

 Yさま、いつもお引き立て頂きまして誠にありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

プレーンシェード+レースカーテンの最強コンビネーション [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 今日の施工例は「プレーンシェード+カーテン」の組み合わせ例を
中心にお届けいたします。

 この組み合わせ方、すごく理にかなっており、ご採用されたお客様
には皆さま喜んでいただいているのですが、実際に取付けるまでは
「どのようになるのか不安で!」というかたが多いのもまた事実。

 でも使い勝手としてはほぼ最強のコンビネーションだと思うので、
(その理由は、ご来店いただいた方に店頭の見本を使いながらじー
っくりと、ご説明させていただいております)、まずはビジュアル面
からその不安を解消いただくためにも、たくさんご紹介させていただ
きましょう。

s-P1090478.jpg

 こちらはサザンクロスブランドの人気商品「ララ」。

 ドイツ製のカジュアルなデザインですが、一見プリントのように
見えて実はジャガード織の柄です。

s-P1090485.jpg

 緯糸のミックス感が柄に奥行きを与えていて、カワイイ高級感!
を醸し出しています。

 レースもボーダー柄に合わせた横ストライプのミラーカーテンです。
方向性を合わせると、シェードとカーテンでも違和感がなくなりますよ。

s-P1090488.jpg

 今度は縦のストライプ柄のプレーンシェード。

 シンプルなカラーリングで、お部屋はすごくすっきりと見えます。
これはシェードの魅力そのもの。

s-P1090489.jpg

 レースは無地のミラーカーテンです。

 次はCBSOWMオリジナルカタログ掲載の遮光カーテン。

s-P1090492.jpg

 高密度な遮光1級生地に、リーフ柄をプリント。
 ナチュラルなテイストで長く人気の続いている定番アイテムです。

s-P1090493.jpg

 こちらもレースは無地でシンプルに。あまりヒダを取り過ぎず
少なめくらいがちょうどいいバランスになっています。

 以上は京都市内のご新築のSさまのお住まいでした。

s-P1110203.jpg

 こちらは同じララの色違いで、カーテンの場合です。

 同じデザインでも、カラーリングもスタイリングも違うので
だいぶ印象が変わりますね。
 京都市内のTさまのご新築施工例です。

s-P1110204.jpg

 オレンジベースなのでちょっとシックで温かみのあるイメージ
になりました。

s-P1110215.jpg

 レースはドット柄のミラーカーテンです。

s-P1110209.jpg

 T様のご要望より、机から下は写さない!^^ってことで、
少し上目で2窓をカメラに収めてみました

s-P1110213.jpg

 同じオレンジをベースとしたプレーンシェード、こちらを
シェード+レースカーテンのパターンでご採用いただいています。

 デザイン性の高いカーテンだからこそ、片側にあえて無地を
持ってきて強弱をつけつつ、レースを掃き出しと共通にすることで
統一感を出せます。
 お隣さんが近いので、より遮蔽性をもとめてミラーレースは
たっぷりめにヒダを撮っています。
 ちょっとしたこだわりで、機能面とデザイン面から、どちらの
窓も相互に活かしあうことが出来ました。

 シェードとカーテンの組み合わせ、いかがでしたか?
 皆様もデザインの組み合わせ、ヒダのとり方などで、
バランスを考えながら「選ぶ楽しさ、組み合わせる楽しさ」、
味わってみてください!

 今日ご紹介させて頂きましたSさま、Tさま。
この度はご採用頂きましてどうもありがとうございました。

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

NONOのファブリックで作るオリジナルのオットマン [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 突然ですが、今日はボクの誕生日でした。H24年の4月の4日に44歳に
なりました。なんか4ばっかりで不吉やなぁと思っていたら、同い年で
同じくカーテンショップを経営してる友人から「4あわせいっぱいの年
になりますよう」なんて粋なメッセージをいただきました。

 そんな発想、ボクには無かった(*_*;

 Sさん、ありがとう。

 なぜか分かんないのですが、同い年でカーテンショップやインテリア
の団体で頑張っている仲間がボク以外にナント6人もいるのです。
 みんな素晴らしい人達ばかりで、彼らの活躍にボクも日々励まされ
前を向いてるとも言えます。同級生や、同い年って、ほんとに不思議
ですね。

 もう、アラフォーとさえ言えない歳になってしまいましたが、みんな
頑張ろなー(笑)

 と、いうことで前置きはこれくらいに、施工例の続きです。

s-P1130068.jpg

 ブリティッシュモダン・ファブリックのNEWブランド「NONO」の
GYPSYコレクションより、まずはプレーンシェードのご紹介です。

 先日にもご紹介させて頂きました、ブルー&パープル系のボーダー
柄のカーテン生地での、今度はシェードでのご採用です。

s-P1130063.jpg

 同じ生地でも、ヒダのあるなしで随分と雰囲気が変わりますね。
バックにはナチュラルなレースカーテンも取り入れて頂きました。

 そして前回にチラリとお見せしましたこちらは・・・。

s_P11300512.jpg

 Hさまとカーテンを打ち合わせしている最中のことです。

 「オットマンを探しているのですが、なにかいいものはありませんか?」
とのお話をHさまよりいただきました。

 「CBSOWMでは家具も扱っているのですが、いかんせん現物の展示に
まではいたっておらず、カタログでのご提案になりますが・・」

 というところから話が始まりまして、ご希望のデザインやサイズなど
をお聞きしているうちに、

 「じゃあ、このGYPSYで作っちゃいましょう!」

 ということになりました(^^)

s-P1130053.jpg

 お好きなサイズに木を組んで、ウレタンを入れて生地を張る、
それだけのことなので、有名デザイナーや高級ブランドの家具ほどの
高価なことにはなりません。
 もちろん既製の大量生産される家具よりは少ししますが・・

 しかし確かなのは、世界にたったひとつしかない、オリジナル
家具である、ということです。

s-P1130052.jpg

 今回、NONOのGYPSYコレクションの豊富なコーディネートBOOKから
生地を2種類、上下に分けてお選び頂きました。

s-P1130056.jpg

 生地の無駄を省くため、カドで継ぎ接ぎをするカタチではありますが、
そこは当店の依頼している椅子張り職人さんの腕の見せどころ。
 ご覧いただけますように、めちゃくちゃ美しい仕上がりです!

s-P1130059.jpg

それから、さきほどのプレーンシェードのボーダー生地と色違いで
丸型のクッションを。

s-P11300572.jpg

同じコレクションから選べば、色やデザインが変わっても必ずうまく
コーディネート出来るのが、海外のファブリックな魅力なのです。

 家具を作るとか、お好きな生地を張るなんて、とんでもなく面倒で
高くて厄介だと思われる方がほとんどだと思いますが、決してそんな
ことはありません。

 せっかく、大好きなファブリックに出会われたのでしたら、ぜひ
ともいろんなカタチにして、お部屋のインテリアに寄せてあげて
ください。

 Hさま、このたびは素敵なカーテンコーディネイトのお手伝いを
させていただくことが出来、ありがとうございました。
 オリジナルのオットマンの使い心地はいかがですか??

 このたびはご採用をいただきまして誠にありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

クリスチャン・フィッシュバッハ2012新作発表会 [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 前回ブログでも告知いたしましたとおり、本日はクリスチャン・
フィッシュバッハの新作発表会にスタッフ全員が参加させていただき、
お店は午後からお休みをいただくことになってしまいました。

 ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。
 日程によりましてはこういうことが起こってしまうのですが、お店のスタッフ
さんたちには直接自分の目で見て、遠くスイスから来日されるデザイナーの
生のプレゼンテーションを受けて、その商品を肌で感じて、お客様へも紹介
してほしいし、日々のご提案にも活かしてほしい、そんな思いで参加しており
ますので、どうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。

fisba2012ss.jpg

 そのフィスバの展示会、やはりいつ見ても素晴らしいプレゼンで、真っ暗な
ステージに美しい布がパァーッと広がる時の感動、やはりあの瞬間は何度
経験してもたまらないです。

 お客様も、CBSOWMで好きな生地に出会われた時に瞳を輝かせてご覧
いただけることがあるのですが、ああ、自分もその感動があってこのお店を
やってるんだなぁと、思い出してくるのです。

 日本のメーカーさんのMDさんや営業さんで、フィスバのプレゼンをご覧に
なられた方はいらっしゃるのでしょうか。
 白い蛍光灯の下でずららーと並べられた生地を見ていても、なんだか
どれも同じように見えて退屈~、という展示会ではせっかくの生地たち
も泣いているに違いないです。

 商品の持つポテンシャルを引き出して、お客様がトキメいてくださるように
ひとつひとつ丁寧に、ご紹介させていただくということをボクも常に忘れない
ようにしよう!とあらためて思いました。

 クリスチャン・フィッシュバッハの新作については、思ったよりもウンと
リーズナブルで、雲の上みたいな価格じゃなくて、すぐにでもご提案できそうな
ものが数多く有りました。

 ぜひサンプルを導入して皆様にもご覧頂きますのでお楽しみに!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

波のカタチのバーチカルブラインド -toso dual shape- [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 年度末の3月31日、いつもながら疲れ切って夜中近くに帰宅すると、
嫁からこんな話を聞きました。

 その日は保育園を卒業したばかりの息子のキョウタが、最後のお別れに
お友達と遊んできたらしいのですが、その中でも近所で仲良しだったSくん
は、4月から遠くのほかの県へと引越していってしまうことが決まって
いました。

 ご近所なので、母と息子たち同士4人で同じ電車で帰ってきて同じ駅で
降り、ちょうど駅を挟んで反対方向になるそれぞれのおうちへと、歩き出し
たときのこと。

 キョウタが急に振り向いて、Sくんに大声で叫んだそうです。

 「がんばれよー!!」

 それを聞いたSくんもこっちを向いて「がんばれよー!!」

 二人は後ろ向きに歩きながらお互いの姿が見えなくなるまで「がんばれー」、
「がんばれー」って言い合いながら帰ってきたらしく。。。

 いつの間にやら、そんな言葉を自分から言うようになったんだなぁと
驚きながらもなぜか涙がポロリ(笑)。

 うちは上の娘と下の息子が8こも離れているので、今年は下がピカピカの
1年生かと思えば、娘は高校受験。また賑やかでいろんなことが起こりそうな
新年度の始まりです!


 ここのところシリーズでお届けしております「NONO FABRIC」の施工例。
まだまだ続くのですが・・・。

 今日ご紹介させていただくHさま、実は前回ご紹介のNさまと、まったく
同じご新築マンション!

 大阪市内からわざわざご依頼をいただいて、しかもおふた方とも目を
付けられたのが、「NONO」の「GYPSY」だったのです。

 今日はちょっと前置きが長くなりましたのでm(__)m、その前にリビングと
洋室の施工例をご覧いただきましょう。

s-P11300432.jpg

 リビングにご採用いただいたのは、TOSOバーチカルブラインドのデュアル
シェイプ。
 日本ではTOSOだけが備えているオリジナルレーザーカットシリーズの
バリエーションのひとつで、お好きな色を選んで写真のように波型のブラインド
をお楽しみいただけます。

s-P1130049.jpg

 長いスパンなのですが連窓では出来ないらしく、やむを得ず現場でチョコ
チョコッと細工いたしまして、真ん中でつながるように改良してみました。

 片側ずつ、しかも順番を決めて開閉しないといけないのですが、隙間なく
きれいに並ぶと、ほんといいですね。

s-P11300452.jpg

 直線的でややハードモダンな印象にもなりがちな縦型ブラインドが
少し繊細で、かつゆったりとした味わいになりました!

s-P1130072.jpg

 もう一部屋、洋室にはリゾート風なイメージで、遮光のプリントカーテン
と、ざっくり網目の茶色いレース。

 鮮やかな赤と、シックなブラウンが相性よくお互いを引き立てています。

s-P1130078.jpg

こういった遮光カーテンで大胆なデザインというのはなかなか見当たらない
のですが、さすがサンゲツ、よそには無いラインナップを誇ります。

s-P11300762.jpg

 前回にもご紹介いたしましたが、こういったメッシュレースは、アジアン
にもモダンにも、そしてアンティークにも合いますので、海外・国内問わず
最近ちょっとしたリバイバルブームになっているようです。
 特に若い世代の方からのご要望が多いですね。

 では次回はあらためて「NONO」のご紹介を。

s_P11300512.jpg

 さて、これはなんでしょう?? ・・答えは次回に!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ

癒しのグリーンはブリティッシュモダン「NONO」のGypsy [interior -インテリア-]

 京都のカーテンショップ「CB SOWM シービーソウム」がお送りする
ファブリックとインテリアのブログです。

 今回も前回に続きまして、イギリスのモダンファブリック、
「NONO」をご紹介いたします!

 同じくコレクション「Gypsy」から、同名タイトルの「gypsy」という
ペイズリー柄を、大阪湾を望む景色が素晴らしい新築マンションに
ご採用いただきました。

s-P11206162.jpg

 グリーンの配色が、明るさと落ち着きの両方を持ちあわせていて
癒されるかわいさを感じさせてくれました。

s-P11206282.jpg

 結構ビビッドな色も入っていて、ピリリとしたアクセントになって
います。シニールベースの生地の陰影を生む光沢感があって
こその色使いです。

s-P11206352.jpg

 薄地の方はシルバーグレーのメッシュレース。ざっくりとした編み目が
高い透明度をたもちつつ、ちょっとクールでモダンな雰囲気を演出して
いますね。なかなか真似のできないコーディネートです。

s-P11206302.jpg

 あんまり上手に写せてませんが^^;、ペンダントランプもちょっぴり
アンティークな風味が効いていて、ファブリックとの相性もバッチリ
でした。

s-P11206392.jpg

 広々としたリビングの窓を、デザインとカラーリングで思う存分楽しんで
いただけて、とても素晴らしいインテリアになりました。
 お天気と撮影技術が良ければもっとうまくお伝えできたのですが・・。

 Aさま、このたびはご採用頂きましてありがとうございました!

 今日のブログ、面白かったと思われた方はどうぞ下の3つのバナーのうち
お好きなものをおひとつ、押して行ってくださいね!
 
にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ インテリアファブリックへ
前の10件 | 次の10件 interior -インテリア- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。